2018年10月19日

2018年10月19日(金)

今日の作業
・キッチンパネルを貼る
昨日カットしたキッチンパネルを貼った。壁に両面テープと接着剤で固定するのだが、貼り付ける時は正確に貼り付け位置にパネルを持っていかないと両面テープが貼り付くので位置が変更できない。何度も貼り付けるリハーサルを繰り返し、両面テープを剥がしていざ本番。しかし、位置が少しずれてうまく貼り付けられなかった。当たる部分をヤスリで削って、なんとか入れることに成功したが、切り欠き部分が割れてしまった。大失敗だ!! 接着剤が乾いたら、コーキング剤で補修しようと思ってる。
気を取り直して、残り2枚はもっと慎重に作業してうまく貼り付けることに成功した。一発勝負の作業は緊張するので苦手だ。アクシデントもあり、3枚のキッチンパネルを貼るだけでお昼過ぎまでかかった。今日はここまでで作業を終了して、不足している部材をコーナンに買い出しに行って、亀岡市の家に戻ることにした。
2018_10_19-1.jpg

・離れの作業の様子
大工さんの作業中の写真を撮影した。和室から洋室へ変化し、トイレはむき出し状態になっている。
<今日の様子>
2018_10_19-2.jpg
<改装前の様子>
2018_10_15-3.jpg

<今日の様子>
2018_10_19-3.jpg
<改装前の様子>
2018_10_15-2.jpg

<今日の様子>
2018_10_19-4.jpg
<改装前の様子>
2018_10_15-5.jpg
posted by くまじい at 20:07| Comment(0) | 記事

2018年10月18日

2018年10月18日(木)

今日の作業
・システムキッチン分のフローリングを貼る
台所にシステムキッチンを据え付ける分だけのフローリングを貼った。初めてのフローリング貼り作業で、釘にハンマーが命中せずフローリングにえくぼを作ったり、フローリングのカットを失敗して隙間が大きかったり、フローリングとフローリングの間に隙間が出たり、フローリングのフロア釘の頭部分を木に埋めるネイルポンチで指を挟み怪我したり・・・、失敗ばかりでめげそうになった。昼過ぎにはなんとか目標分を貼り終えた。真ん中が構造用合板になっているが、少しでもフローリング材を節約するため、システムキッチンで見えない部分は合板にした。セコイ貼り方のような気がするが、節約第一ということで。
2018_10_18-1.jpg

・キッチンパネルを貼る(カットまでしか出来なかった)
システムキッチンの前の壁には不燃性のキッチンパネルを貼る。このキッチンパネルのカットに時間がかかった。壁の一部分が出っ張っていヤスリで合うように削ったり、出窓が歪んでいるのでその影響で窓に接する木材も歪んでいてヤスリで合うように削ったり、柱が天井と床でずれていてヤスリで合うように削ったり・・・、ただひたすらヤスリ掛けしていたことになる。今日はキッチンパネルのカットだけで終わってしまった。明日、台所に貼る予定。

今日も多可町泊まり。今日はヤスリ掛けで右肩が痛かったので、早めに春蘭荘の温泉に行った。
posted by くまじい at 18:45| Comment(0) | 記事

2018年10月17日

2018年10月17日(水)

今日の作業
・離れの改装工事をしているので、離れのコンセントにアース線を接続
昨日から離れの改装工事が始まったが、今日来て見ると床が無かった。慌てて、壁のコンセント下付近にアース棒を打ち込み、コンセントの一つにアース端子を付ける工事をした。この工事は見積りに入っておらず、自分でしなければならなかった。明日だと床が貼られているので、アースを付けるのは不可能だった。やはり、大工さんは仕事が早い。明日にはフローリングが貼られているだろう。

・床下換気扇のコーキング
天気が良かったので、床下換気扇回りの隙間にコーキングした。これで換気扇付近から空気を吸い込まなくなるので、効率よく床下換気ができるはずだ。床下換気扇の施工書にも、コーキングするよう書かれてあった。

・台所のペンキ塗り
システムキッチンを据えてからだとシステムキッチン回りの塗装がし難いので、システムキッチン側の壁、出窓、天井などにペンキを塗った。先日、妻がだいぶん塗装してくれていたので助かった。天井を塗っている時に「頸椎が痛い」と妻が言っていたが、今日その意味を実感した。ずっと見上げていると首の後ろが痛くなる。

今日は多可町泊まり。
posted by くまじい at 11:20| Comment(0) | 記事

2018年10月15日

2018年10月15日(月)

今日も妻と多可町に向かう。
今日の作業
・離れの改修費と母屋の台所の補修工事費の支払い
この物件を仲介してくれた不動産屋さんのリフォーム部門に、離れの改修と母屋の台所のシロアリ被害の補修工事を依頼している。離れの改修工事が始まるが、総額50万円を超える工事は不動産屋さんで工事契約書を交わさないといけないそうだ。改修費130万円と母屋の補修工事が終わったので、補修工事代42万円+シロアリ駆除費用8万2千円を支払った。総額180万円2千円の大金だ。大金を持ち歩くときは貧乏人の性なのか、なぜか緊張しする。
見積もり内容で、取り付けるエアコンの能力が部屋と同面積だったので、可能ならば同じ値段で、もう少し能力の高いエアコンにして欲しいとお願いした。

・コーナンにフローリングを引き取りに行く
フローリングは、値段が安いのでコーナンのオリジナルにした。最初は無垢材のフローリングを希望していたが、シロアリ被害でお金がかかったので、できるだけ安いものを探してコーナンのものにした。1坪5,702円(税込)は、ネットで探すものより安かった。しかし、DIY大手のフローリングは、ネット上でB級品の烙印がおされている。まあ、床はすぐに傷が付くものだし、B級品でもOKと思った。
次の間と台所を合わせて7坪分で39,916円(税込)。計算上では7坪を下回るが、端材が出るので少し足りないかもしれない。もし足らなければ、同じ色のフローリングを1坪追加で購入する予定。
この日は部屋に塗るペンキも買って、コーナンの軽トラックを借りて家まで運んだ。家から一番近いコーナンは、隣の市の丹波市氷上町にあって片道25分ぐらいで行ける。軽トラックの貸し出し時間が90分以内だが、道が空いていたので余裕で間に合った。軽トラックは無料で貸してくれ、燃料費もタダというサービス。大手のDIYのスケールメリットを感じた。
posted by くまじい at 00:00| Comment(0) | 記事

2018年10月14日

2018年10月14日(日)

今日は妻と多可町に向かう。
今日の作業
・隣保の行事でお寺の掃除
この村では隣保単位で、村にあるお寺の掃除を行っている。村には4隣保あるので、3カ月に1回の割合で掃除当番が回ってくる。今回は同じ隣保の皆さんに、ご挨拶を兼ねて参加した。掃除は1時間程度で終わり、隣保長の紹介のあと、自己紹介をした。けっこうな年なのだが、みなさん(高齢の方多し)に「若い、若い」と言われ照れてしまう。妻も「若い」「若い」の連発でやりにくそうだった。次回のお寺掃除は、真冬の2月の予定。
家に戻り作業をしていると、隣保長が来られた。檀家の集まりがあるのでその連絡だったが、檀家にはならないので断った。意外な顔をされて帰られたのが、少々気になった。

・台所の塗装
塗装は妻のタスクになってきた。今日も一生懸命台所を塗装している。壁が白色になると、明るく清潔な感じになる。
2018_10_14-1.jpg

・次の間の構造用合板のネジ止め
ネジが無くなり中断した作業をやり終えた。

・離れの荷物を母屋に移動
10月16日(火)より、離れの改修工事が始まる。和室2間を洋間に変更、トイレに男子トイレを増設、エアコンの取り付け、エアコンを取り付けるために電気容量の拡大、台所にクッションフロアを敷くなどなど。
この改修工事は、この物件を仲介した不動産屋さんのリフォーム部門に依頼している。総額130万円の工事になる。なぜ? こんな改修工事をするのかというと、IT関連の新事業を立ち上げ、離れが事務所になるからだ。パコソン、レーザープリンタなども購入する。相当な費用だが、兵庫県の補助金が交付されるので、なんとかなりそうだ。
家の改修工事と新事業とが重なり、これからたいへんだ。老体にムチ打たなくてはならない。

posted by くまじい at 18:03| Comment(0) | 記事